歯科検診は定期的に!虫歯は見た目を損ねる

↓埼玉県で歯科検診を受けたい方はこちら↓
八潮市で歯科検診を受ける

虫歯は、日本人が歯をなくしてしまう原因のトップにあがる歯科疾患です。
歯をなくしてしまうと、その歯と噛み合う歯にトラブルが発生する可能性が高くなります。
そこで治療が必要です。

従来では歯をなくしてしまった後の治療としては入れ歯かブリッジが主流でしたが、現在ではインプラント治療の人気が高まり以前の入れ歯やブリッジの治療箇所をインプラントに交換希望する人が急増しています。
インプラントは、第2の永久歯と呼ばれる最新の治療です。
人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこにセラミックなど審美性に優れた人工歯を取り付けるので噛んだ時に天然の歯に近い形で力が伝わり快適な噛み心地が得られます。
インプラント治療で使われる人工歯根は、生体に親和性が高くアレルギーリスクの低い素材です。
そのため時間が経っても歯茎の黒ずみなどが起こりにくく、女性にも人気が高くなっています。

虫歯は、口の中に常在する細菌が原因の感染症です。
歯の表面はとても硬い組織なのですが、酸にはとても弱いという特徴があります。
虫歯の原因細菌は食べ物や飲み物の糖分を栄養源にして増殖して酸を生成、この酸によって歯の表面が溶け出してしまうのが虫歯です。
虫歯になると、進行に伴って治療も大がかりなものとなってしまいます。
その治療内容によっては見た目を損ねてしまう可能性もありますから、予防が大切です。

虫歯の発症は細菌が原因なので、治療が終ったとしても細菌対策が必要です。
歯医者さんでは、細菌対策のための定期的な検診を勧めています。
歯科検診では虫歯の有無や歯茎の状態など口の中の状態をまずチェックしますので、定期的に検診を受けていることで虫歯を早い段階で発見することが可能です。
早期発見できれば治療も簡単な内容ですみ、患者さんの負担は少なくなります。

歯科検診では、口腔内チェックの後にクリーニングを行うのが一般的です。
歯医者さんのクリーニングはPMTCと呼ばれる専門的なもので、超音波やジェット水流、専用ブラシなどを使って口の中をすみずみまできれいにしてもらえます。

PMTCの目的のひとつが、プラークや歯石の除去です。
プラークコントロールといって毎日の歯磨きでプラークを取り除くことは虫歯予防の基本ですが、丁寧に歯磨きをしていても磨き残しのプラークは残ってしまいます。
そして時間のたったプラークに唾液のカルシウムなどが付着してできるのが歯石です。

プラークや歯石には、虫歯の原因菌がたくさん潜んでいます。
定期的な歯科検診で専門的なクリーニングを受けプラークや歯石を取り除くことで口の中の細菌を少しずつ減らしていくことが可能です。
その方に適した間隔で定期的に歯科検診を受けることで、見た目を損ねる虫歯を予防することができます。

トップページへ