ストレスは美容の天敵

エステサロンで肌チェックを受けたとき、ストレスを指摘されることがあります。
慢性的ストレスはお肌にとってデメリットしかありません。
美容ケアといえば、高価なスキンケア用品の使用、サプリメントの利用など、目に見える対策ばかり重視しがちですが、ストレス解消もそれ以上に大切なのです。

美肌であるためには、最低限の条件として身体が健康である必要があります。
不健康な状態で美しく見せようとするなら、スキンケア用品に依存することになります。
本当の美とは身体の内側から構成されるものであり、スキンケア用品に依存する美ではありません。

ストレスが美容に悪い理由は実に多いのです。
血管を収縮させる、自律神経のバランスを悪くする、冷えを招いてしまう、お肌のバリア機能が低下する、などなど。
これらの症状は、ストレスを解消するだけですべて改善することが多いのです。
ストレスは誰にでもあるものですが、慢性的なストレスは絶対にいけません。
ストレスは溜まれば溜まるほど解消が難しくなり、さらにストレスを呼び込むという負のループにハマってしまうのです。
慢性的ストレスを解消する一番の秘訣は、思い切って長期休暇を取ることなのです。
仕事がストレスの発端ならば、長期療養を取ることです。
心身をゆっくりと休めることで、自律神経も本来のバランスを取り戻します。
夜はぐっすり眠られるようになれば、さらにストレス解消は加速します。
睡眠障害を患っている方は、そのまま放置しておくと肌荒れやニキビ、乾燥肌などを招きます。
美容のためには1日7時間超の睡眠が必要なので、7時間未満の方は注意が必要です。
他のどんな美容法を実践していても、睡眠が不足するだけで台無しになるほどです。

トップページへ